ロゼッタストーンは英語力が高くなる?

日本では社会保険労務士の存在が徐々にメジャーになってきており、この資格を目指したり取得している方も多くなってきました。
そのためただ単に社会保険労務士の資格を有している、というだけでは決して求人募集に対して有利な条件とはいえなくなってきているのも事実です。
そこで強みとなるのが英語力の有無です。
以前は英語が必要となるシーンはさほど存在しなかった社会保険労務士の業務ですが、近年では海外の企業を買収したというケースや、外資系の企業も非常に増えたりしています。
そのため業務委託契約書を英語で作成しなければならない、といったシーンも珍しくないのです。
したがって英語力の高い社会保険労務士というのは求人案件において、かなりの強みになることは間違いありません。