最近光回線業者が高齢者宅を訪れ強引な勧誘を行って契約させる事例が増加しています

近頃、光回線業者が高齢者宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関したトラブルが増えてきております。
この事態を受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明白にしました。
引っ越した際に、アパートそのものに光回線が実装されていなかったため、申し込みののち工事を行う必要がありました。
工事の担当者は非常に清潔感があり、説明も丁重で会社への評価も高いものになりました。
住み替えをしたら、転居先の住居がフレッツ光の回線しか繋がっていませんでした。
以前から利用していた通信会社を切り替えることなく活用したかったのですが、それ以外に選択肢がなく、利用を決めました。
月に一度のことなので以前の倍の値段の負担が大きいです。
フレッツではクレームが多数届けられており、その中の一つに加入後一ヶ月くらい経った頃に、唐突にネット接続ができなくなる実例がこざいます。
この実例の場合、設定に間違いのあることがわかって、無事に利用できるようになったみたいですが、このようなクレームは日毎に寄せられているようです。