ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスの治療で使われるピルについて

ホルモンバランスが崩れた事に対する治療として「ピル」が用いられることがあります。

 

ピルについては、副作用もあるので、使用することを躊躇する方も居ると思いますが、使用方法を適切に守ることで、ホルモンバランスの崩れが原因の症状を改善してくれます。

 

ピルについて簡単に説明しますので、その効果と副作用について正しく理解するようにしましょう。

 

まず初めは、ピルについてわかりやすく紹介します。

 

ピルとは、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のホルモンが含まれているものです。

 

これを服用する事によって、2種類のホルモンが分泌している状態を作り出すことができる様になるのです。

 

この状態は、排卵後〜生理が来るまでの期間、または、妊娠している期間と同じ状態なのです。

 

ピルを用いてこういった状態を作ることで、次のような治療を行う事が出来ます。

 

・生理が来るのをずらしたい場合

 

・生理不順を改善したい場合(生理を起こしたい時)

 

・避妊を希望する場合

 

・ホルモンバランスの崩れによる、不正出血がある場合

 

多くの方が気になる副作用の代表的なものとしては、体重の増加が挙げられています。

 

ピルを服用している期間が長期化する事で肥満になる傾向があると言われているのです。

 

また、ピルを服用している期間は、体に水を溜めこむという作用が働く為に、むくみにも注意が必要なのです。

 

注意しなければいけないのが、肝臓や心臓への影響です。

 

肝機能障害が起こったり、血栓症を起こしやすくするなどの可能性があるのです。

 

ホルモンバランスなどの改善として、長期的に服用する時は、肝臓や心臓の機能が低下していないかをチェックしながら進めていくことが重要でしょう。

ホルモンバランスの治療で使われるピルについて関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスの治療で使われるピルについて