ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと体の歪み

体の歪みと聞くと、腰痛や肩こり等の体の不調を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

 

確かに、そういった不調を引き起こしてしまう原因でもあるのですが、実は、体の歪みというのはホルモンバランスにも関係しているそうなのです。

 

ホルモンバランスに関係がある体の歪みとは、骨盤のゆがみだと言われています。

 

骨盤は、交感神経と副交感神経の働きを繰り返すことで開閉しています。

 

この2つの神経は、ホルモンバランスと非常に関係が深く、骨盤の歪みによって神経の働きが低下すると、ホルモンの分泌にも悪影響なのだそうです。

 

具体的に説明すると、骨盤に歪みがあると、副交感神経の機能が低下してしまうため、骨盤の開閉が正常に出来なくなります。

 

そういった事から、女性ホルモンの分泌にも影響が生じて、その分泌が低下してしまう為に、ホルモンバランスが崩れてしまうということなのです。

 

骨盤の歪みにより、ホルモンバランスが崩れてしまうと、月経に関する問題は当然ですが女性らしさを維持する事に対する悩みが出てきてしまうのです。

 

これらの悩みは、加齢とともに出現するものではありますが、骨盤に歪みがあるままにし

 

ておくと、その速度を速めてしまうことになります。

 

いつまでも若い頃のように、元気で美しく過ごしたいと願うのは、女性としての自然な心理ですから、表面的なケアはもちろんですが、体の歪みを整えるといった、体の中からのケアにも大切にしていくことが重要です。

 

専門機関での施術対策が一番効果的ですが、最近では骨盤矯正ベルトなどといった自分でも手軽に使う物も登場しています。

 

ぜひ一度その効果を確かめてみることをお薦めします。

ホルモンバランスと体の歪み関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと体の歪み