ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと運動不足

日頃からの運動不足が原因で、ホルモンバランスを崩すという事をご存じでしょうか。

 

運動不足と言うと、最近話題となっているメタボリックシンドロームの解消や成人病予防には不可欠なものと言われていますので、健康な体を保つための方法として理解している方が多いのですが、実はそれだけではなく、運動不足は私達の体のホルモンバランスをも崩してしまうものなのです。

 

その仕組みを説明しましょう。

 

運動は、ホルモンバランスに関係が深く、自律神経を活性化させる働きを持っています。

 

日頃から生活の中に運動を取り入れていると、自律神経が正常に活動するためホルモンバランスを整える働きも正常に行われるのです。

 

しかし、運動不足になってしまうと、その自律神経を刺激する事が減少するために、ホルモンバランスを整えようとする働きが低下してしまうのです。

 

このように、日頃から運動不足を解消することは、体の健康維持という事だけではなく、ホルモンバランスを整えるためにも非常に大切な事なのです。

 

運動不足を解消するために、特別なスポーツに取り組む必要はないのです。

 

休日などの時間を使って近所でウォーキングや、歩いていける位の場所はなるべく歩いていくようにする等でも、十分な効果は得られるでしょう。

 

ただし、その効果を効率的に発揮させる為には、簡単な運動を継続するということが重要なのです。

 

無理をせず、楽しみながら続けられる方法で、運動不足の解消に取り組んでみる事をお薦めします。

ホルモンバランスと運動不足関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと運動不足