ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと自律神経失調症

ホルモンバランスとの関係が注目されているものの中に「自律神経失調症」という病気があります。

 

この病気は、男性よりも女性に多くみられると言われているのですが、それは、自律神経失調症には、女性ホルモンのホルモンバランスが大きな鍵となっているからでしょう。

 

私達の体は、ホルモンバランスをはじめ、体の様々な機能のコントロールを脳が行っているのですが、私達の脳は、自律神経をコントロールしている部分と、ホルモンバランスをコントロールしている部分とが、かなり近いところに存在しているので、お互いに影響しやすい存在になっているのだそうです。

 

それにより、ホルモンバランスをコントロールしている部分に異常が起きてしまうと、それにつられ、自律神経をコントロール部分まで異常を起こしてしまう為に、自律神経のバランスが乱れ、「自律神経失調症」になってしまうのです。

 

女性の場合は、ホルモンバランスが崩れやすい時期があるのです。

 

女性ホルモンの分泌が増え始める「思春期」や、妊娠や出産が可能な身体へと整う「成熟期」、女性ホルモンの分泌が減少を始める「更年期」等です。

 

この時期には、前で説明したように、自律神経をコントロールする部分に、悪い影響を与えやすくなってしまうので、覚えておくようにしましょう。

 

女性の身体というのは自分で考えているよりも非常に繊細にできています。

 

注意が必要な時期を理解し、無理せずゆとりのある生活を心がける事も、女性がいつまでも元気で健康にいられる秘訣になるのではないでしょうか。

ホルモンバランスと自律神経失調症関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと自律神経失調症