ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと更年期障害

第二の人生を楽しもうと思い始める中年期という時期を迎えると、気になってくるのが「更年期障害」でしょう。

 

症状の程度は人それぞれ違いますが、日常生活が困難になってしまう程の症状を抱える方も中にはいらっしゃいますから、注意が必要なのです。

 

「更年期障害」は、ホルモンバランスが崩れる事が原因で起こるものだと言われています。

 

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌が影響しているのですが、このホルモンは、中年期と呼ばれている40代後半〜50代前半になると、加齢による影響から、急激に減少してしまう為、正常だったホルモンバランスを崩してしまうのです。

 

しかし、脳からは、その現象とは関係なく、エストロゲンを出すように命令が出されてしまうため、身体の機能とのバランスが上手く取れなくなってしまうのです。

 

そういった事から、更年期障害として表れてくる代表的な症状としては下記のようなものが挙げられます。

 

・のぼせ

 

・めまい

 

・動悸

 

・発汗

 

しかし、これらの症状は、ホルモンバランスの崩れによる更年期障害だけの症状ではないため、自分で判断するのは難しいでしょう。

 

これらの症状に長い間悩まされていると、鬱などの精神的な障害へと移行する事も少なくない様なので、中年期の方で、これらの症状に悩まされている場合は、更年期症状の可能性を考えた方が良いでしょう。

 

血液検査をする事で、簡単にホルモンバランスのチェックをすることが可能なので、なるべく早めに受診するようにしましょう。

ホルモンバランスと更年期障害関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと更年期障害