ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと肌荒れ

肌荒れは、どの世代の女性にも多い悩みの一つとされています。

 

お肌の調子が悪いと、お化粧のノリも悪くなってしまいますから、せっかく綺麗にメイクをしたのに、何となく気分が晴れないという事もあるのではないでしょうか。

 

いつまでも綺麗で居たいと願う女性の大敵である肌荒れの原因は、実は、ホルモンバランスと大きく関係しているのです。

 

ホルモンバランスによって起こってしまう肌トラブルの代表と言えば、ニキビです。

 

ニキビは、思春期の証だとも言われていますが、大人の女性の中でもニキビに悩まされている方が多く居られるようです。

 

ニキビが起こる仕組みは、皆さんもご存じの通り、毛穴が詰まってしまうことで炎症を起こし発生してしまうのですが、その原因を作ってしまうのは、男性ホルモンだと言われているのです。

 

男性ホルモンには、ニキビの元となる皮脂の分泌を活発にする働きと、毛穴を塞ぎやすくしてしまうといった、お肌にはあまり良くない働きを持っているのです。

 

ストレスや不規則な生活などによって、体のホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうという事なので、まずはそこから改善するようにしなければなりません。

 

大人の女性の場合、それだけでは綺麗なお肌を守ることができないのです。

 

何故かというと、加齢に伴い、お肌自体の機能が低下してしまっているからです。

 

きちんとホルモンバランスを整えながら、お肌を健康へと導くことも積極的に行っていく必要があるでしょう。

 

ニキビ跡を残さないように、お肌を傷つけない努力やきちんと基本である洗顔や保湿をするなど、規則正しい生活を送りながら、総合的なケアを心がける事が大事なのです。

ホルモンバランスと肌荒れ関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと肌荒れ