ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと不正出血

女性なら誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

生理の時期ではないのに、出血した経験はありませんか。

 

それは、不正出血と呼ばれている現象です。

 

不正出血を起こす原因には、いくつか挙げられますが、その1つとして、ホルモンバランスが崩れた事が挙げられています。

 

女性の身体は、卵巣から「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンが分泌されているのです。

 

この2種類のホルモンは、相互にバランスよく働き、支えあいながら作用しているのですが、そのバランスが崩れると、子宮内膜を刺激し、その内膜を剥がしてしまう力が働いてしまうのだそうです。

 

この現象が「不正出血」というものなのですが、これは本来、生理の周期に合わせて繰り返され起こるものなのです。

 

しかし、ホルモンバランスが崩れてしまうと、子宮内膜を整えていくという重要な過程の間に、その作用が起こってしまうというのです。

 

子宮内を正常に保つための働きが正常に行われないのですから、良くない状態であるということは理解できるでしょうか。

 

また、不正出血は、ホルモンバランスの崩れから起こるというだけでなく、子宮の病気から引き起こされる可能性も否定できないのです。

 

すぐに治まるからと安易に考えてそのままにしてしまいがちですが、不正出血が起こった時は、なるべく早めに産婦人科や婦人科などを受診することをお勧めします。

 

不正出血は、その名前の通り、通常ではない異常な出血なのですから、ホルモンバランスの崩れなど、何かしらの異常があると考え、慎重に対処するようにしなければなりません。

ホルモンバランスと不正出血関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと不正出血