ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスとPMS

あなたはPMSという言葉をご存じでしょうか。

 

PMSとは「生理前症候群」の事で、生理が始まる前までの期間に起こる症状で、頭痛などの体調不良や、イライラしたり気分の落ち込みが起こることを言います。

 

PMSが起こる原因は、排卵後に起こるホルモンバランスの変化が挙げられています。

 

女性の体は、月経の周期によってホルモンバランスが変化しており、月経から排卵までの間に、卵胞ホルモンが分泌され、排卵〜月経を迎える前の期間になってくると、黄体ホルモンの分泌量が増加します。

 

黄体ホルモンの量が増加し、体全体のホルモンバランスが変化することによって、PMSとなって表れてしまうのです。

 

PMSの症状は、腰痛や肩こり、頭痛や便秘などの身体的な不快な症状だけではなく、精神的な変化も起こってしまいます。

 

集中力が低下してやる気が起こらなくなったり、意味もなくイライラしたり、生理が近付くと何となく機嫌が良くない状態になってしまうのは、PMSからくる症状なのです。

 

月経という現象がある以上、排卵後に起こるホルモンバランスの変化はしょうがない事ではあるのですが、PMSについての認識がまだ低いこともあって、周りの理解も得られず、生理の度に辛い思いをしている方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし、この症状はホルモンバランスの変化が起こりやすい妊娠期にも起こってしまう症状なのです。

 

いつかそれを迎える為の練習期間だと深く考えないようにしましょう。

 

月経が始まれば自然に改善されていきますから、そのことをしっかり頭に入れておいて、PMSの症状が強い時には、無理をせず、ゆっくり体を休めてあげましょう。

ホルモンバランスとPMS関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスとPMS