ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと生理痛

毎月生理痛に悩まされているという女性の方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

お腹の痛みだけではなく、頭痛や腰痛、貧血などの、不快な症状もあるため、とても憂鬱な気分になってしまいがちです。

 

生理痛を起こす原因としては、子宮の状態が良好な状態ではなかったり、病気を抱えている事など、原因はいくつか考えられるのですが、その中にホルモンバランスの崩れというものもあるのです。

 

正常なホルモンバランスが保たれている場合、女性の体に大きな役割を持っている、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンが正常に分泌されるのですが、生活習慣の乱れ等からそのホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの分泌が多くなると、生理痛がひどくなると言われているのです。

 

また、生理中は子宮の収縮が促すために、プロスタグランジンというホルモンが分泌されています。

 

このプロスタグランジンというホルモンには、痛みや炎症を起こす働きがあるため、このホルモンバランスが崩れ、異常に分泌されてしまうと、強い痛みを感じてしまうのだそうです。

 

プロスタグランジンが異常に分泌されてしまう状態を作っているのは、血行の悪さが原因であるようです。

 

私達は体が冷える事で血行が悪くなってしまいます。

 

特に下半身の冷えは、痛みの原因となるプロスタグランジンのホルモンバランスを異常に分泌させる原因となるので、生理痛を和らげるためには、体を冷やさないように心掛けることが重要です。

ホルモンバランスと生理痛関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと生理痛