ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスと歯周病

ホルモンバランスと歯周病は、どんな関係があるのか想像もつかないという方もたくさん居るではないでしょうか。

 

これはあまり知られていない話なのですが、歯周病には、女性ホルモンのホルモンバランスが深く関係しているそうなのです。

 

特に女性の場合、年齢を重ねる過程でホルモンバランスが崩れる可能性が高い時期というものがいくつもありますので、しっかり理解しておきましょう。
まず歯周病について、簡単に説明していきましょう。

 

歯周病は、歯や歯茎の隙間についた「歯垢」に存在する「歯周病菌」によって引き起こされるものです。

 

主な原因は、歯磨き時の磨き残しだと言われていますが、実はその磨き残された歯垢の中にある歯周病菌は、女性ホルモンが栄養となって増殖していくタイプのものがいるのです。

 

そのため、ホルモンバランスに変動のある女性は、歯周病に十分注意しなければならないが、ホルモンバランスが崩れがちな「思春期」「妊娠中」「更年期」では、更なるケアが必要になります。

 

思春期のケアの場合は、食後の歯磨きに加えて、暴飲暴食に注意したり十分な睡眠をとることが大切なのです。

 

妊娠中のケアの場合は、つわりによって歯磨きが疎かになりがちですから、洗口液などを使ってこまめにプラークコントロールを行うと良いでしょう。

 

更年期の場合は、ホルモンバランスの低下により、洗浄作用を持つ唾液の量が急激に減ってしまいます。

 

その状態になると、どんなに清潔を保っていても、歯周病が進行しやすい状態になってしまいますから、定期的に歯科検診を行う必要があるでしょう。

ホルモンバランスと歯周病関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスと歯周病