ホルモンバランスが崩れない為には

ホルモンバランスとメニエール病

ホルモンバランスの崩れから体調を崩し診察してもらうと「メニエール病」と診断される場合があります。

 

メニエール病とは、ホルモンバランスにとても関係が深い病気で、ホルモンの分泌が狂ってしまうことで、内耳と呼ばれる場所に水が溜まってしまうと言う病気です。

 

私達の体はホルモンバランスが崩れると、体内に水分を溜めこんでしまうのです。

 

それにより、内耳に水が溜まりやすい状況になってしまうので、ホルモンバランスが重要といわれている病気なのです。

 

メニエール病の症状で代表的なとしては「めまい」や「頭痛」「耳鳴り」などが挙げられます。

 

これらの症状は、ホルモンバランスの崩れをはじめとして、他の病気によっても引き起こされる症状なので、なかなか自分ではメニエール病と判断するのは難しいのですが、同じ症状でもメニエール病の場合は特徴があるので、覚えておきましょう。

 

メニエール病の特徴が出る症状は「めまい」でしょう。

 

一般的に言われる「めまい」とは一瞬くらっとするような感じだったり、休息を取るとある程度は回復するのですが、メニエール病のめまいの場合は、立っていることが困難になる程のひどいめまいなのです。

 

症状が出ると、平衡感覚がなくなり、自分がぐるぐると回っているような感覚になるひどい状態が表れます。

 

更に、その症状がある程度の時間継続するという特徴があるので、これらの症状に心当たりがある場合は、ホルモンバランスの検査と合わせて、メニエール病の検査を受ける事をお薦めします。

ホルモンバランスとメニエール病関連エントリー


女性のホルモンバランスについてわかりやすく説明しています

Copyright (C) 2010 女性のホルモンバランスの重要性 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ホルモンバランスとメニエール病